本文へスキップ

清水内科クリニック|内科・消化器内科・肝臓内科|名古屋市北区

電話でのご予約・お問い合わせは052-912-0002

〒462-0819 名古屋市北区平安1-8-50

大腸の内視鏡検査をご希望の方へcontact us

検査食や使用下剤の決定などのため内視鏡検査前には一度来院していただく必要がありますが、検査枠の予約はお電話でもお取りいたします。

はやめに検査予定日を決定することにより患者様のご都合がたてやすく便利かと思いますので、事前検査予約をご利用下さい。(お電話での仮予約のあと2週間以内に検査前受診のない方は自動的にキャンセル扱いとさせていただきますので、それまでに来院できない方はお電話下さい。)

胃の内視鏡をご希望の方はこちら

検査時間(予約制)

 胃カメラ ・ 大腸カメラ
午後 1:00〜 3:30

土曜日午後の検査は、第2、4,5週の土曜日のみ実施。

検査時間は完全予約制で一般診療は行っておりません。検査予定のない日は休診時間とさせていただいております。

当院の大腸カメラについて

最近の日本人がん死亡者の原因として、大腸がんが急増しています。大腸がんの多くは、「腺腫(せんしゅ)」というタイプのポリープが大きく成長してがんに変化してゆくことが知られています。

当院では、大腸内視鏡検査時にポリープを見つけた場合、大きさ、形、色、模様などからポリープ切除術の要否を判定し、その場で大腸ポリープ切除術を行っています。大腸ポリープは比較的小さいサイズのうちは内視鏡で切除できますが、サイズが大きくなると内視鏡では切除できなくなり、開腹手術が必要になることもあります。

 

当院ではフジフィルム社製の最新のハイビジョン内視鏡を用い、特殊光(BLI、LCI)や拡大機能を併用して精度の高い内視鏡検査、治療を行っております。

鎮静剤を使った苦痛の少ない検査も選べます

  • 鎮静剤と鎮痛剤を使用してボーっとした状態や眠った状態で検査を行い、苦痛を感じにくくする工夫をしています(希望者のみ) 。
  • 検査終了後もしばらくボーっとしますので、ベッドに移動していただきゆっくり休んでいただきます。鎮静剤の効果が切れたあとで撮影した画像をご覧いただき、詳しくご説明致します。
  • 当院では70〜80%の方が選択されています。前回に当院で鎮静剤を使用された方は、翌年以降の検査でも希望されています。

  

大腸内視鏡、ポリープ切除術の前日、当日の予定

前日の食事制限(検査食の使用)を行う、行わないによって使用する検査薬が異なります。患者様と相談のうえ、検査前の処置方法を決定します。

検査食を使用した方法のほうが、ひと手間かける分、検査時の腸の状態がよくなるので、当院では検査食の使用を推奨しています。検査当日に服用する腸管洗浄剤3種類より最適なものを選択して使用しています。

60歳代までの方で便秘のない方であれば、前日の食事制限のない方法でも問題になることはほとんどありません。検査当日に服用する腸管洗浄剤がやや強めなタイプ(1Lタイプと2Lタイプの2種より選択)を使用します。

お仕事などの都合で検査食が食べられない方、自宅での検査準備(下剤服用)を希望される方など、標準的な準備が困難な方は、個々に対応いたしますので、スタッフに申し出てください。

当院推奨の方法の場合

  • 70歳以上の方、便通が良くない方、腸の弱い方、胃の弱い方、強めの腸管洗浄液を服用する自信のない方は、この方法をお勧めしています。
  • 前日は当院でお渡しするレトルトの検査食を召し上がっていただき、夜には下剤を服用します。
  • 当日は絶食のまま午前9時半から10時半ごろの来院となります。
  • 午前から約2Lの腸管洗浄剤(ポカリスウェット風味)の服用を開始します。検査開始は検査開始は13:10以降となります。
  • 帰宅可能となる予定時間は、下剤の量、検査の順番、鎮静剤の使用、ポリープ切除術の有無により異なります。早く終わるケースでは2時頃に帰宅可能になることもありますが、3時半から4時になるつもりで当日の予定をお立て下さい。
  • 検査時に組織をとる検査やポリープ切除術を行った場合、7日後以降に結果説明の受診をしていただきます。

 

前日の食事制限がない方法の場合

  • 健診で異常を指摘された症状のない方、胃腸が弱くない方は、こちらの方法でもほとんど問題はないと思います。
  • 前日は消化の良い食事を心がけて下さい。海草やキノコなど食物繊維の多いもの、脂肪分の多いもの、小さな種子を含む果物は避けて下さい。
  • 日中を含めて水分を多くとって下さい。夜には液体の下剤を1本服用します。
  • 当日は絶食のまま午前9時半から10時半ごろの来院となります。
  • 午前から腸管洗浄剤(1Lタイプと2Lタイプの2種より選択)の服用を開始します。検査開始は12:30以降となります。
  • 帰宅可能となる予定時間は、下剤の量、検査の順番、鎮静剤の使用、ポリープ切除術の有無により異なります。早く終わるケースでは2時頃に帰宅可能になることもありますが、3時半から4時になるつもりで当日の予定をお立て下さい。
  • 検査時に組織をとる検査やポリープ切除術を行った場合、7日後以降に結果説明の受診をしていただきます。